靴を嫌がった際の対処法|これで育児もバッチリ!ベビーシューズと抱っこ紐を上手に活用する

どこで買える?ベビーシューズを購入出来るところ

ベビーシューズは基本的にベビー用品を取り扱っている専門店で購入するのが確実になります。なお、子供の靴や足に関して専門的な知識を持っているお店、細かいサイズや靴の種類を展開しているお店もおすすめです。

ベビーシューズで気を付けたいポイント

始めは室内で履かせてみよう

赤ちゃんに初めてベビーシューズを履かせる場合は外ではなくて室内から履かせるようにしましょう。最初から外で履かせてしまうと、赤ちゃんによっては嫌がってしまうことがあります。また、外だと赤ちゃんにとって危ない場所もあることから、最初のうちは室内で慣れさせると良いでしょう。

外では安全な場所で

室内でベビーシューズが慣れてきたと思ったら、いよいよ外でベビーシューズを使用していきましょう。外で履く際に気を付けてほしいポイントは、安全な場所で歩かせるということです。平坦な道で周囲に障害物がないかをしっかりと確認することが大事ですよ。

デザインだけで購入しない

最近ではベビーシューズのデザインが豊富にあります。有名ブランドからもベビーシューズを出しているので、見ているだけでも楽しい気持ちになります。そこで、デザインだけを見て購入しないように気を付けましょう。デザインよりも素材や履かせやすさなどを重視するべきです。

試着は絶対行なうこと

ベビーシューズでは試着が重要になります。足のサイズがピッタリでも実際に履かせてみないと気づかない点があるでしょう。試着せずに購入して、赤ちゃんに適していないベビーシューズだったなんてことを避けるためにも試着は必ずすることです。

大きめの靴はなるべく買わない

赤ちゃんは成長が早いから…と思って、少し大きめのサイズを購入するのは要注意です。まだ上手く歩くことが出来ない赤ちゃんはサイズが合ってない靴だと歩きづらい、転んでしまうなどのトラブルが発生してしまいます。大きめのサイズではなくて、そのときにピッタリのサイズを履かせるのがポイントです。

靴を嫌がった際の対処法

靴

無理に履かせようとしない

中にはベビーシューズを嫌がってしまう赤ちゃんもいます。そのような場合は、無理して履かせないことです。ここで無理強いをしてしまうと余計に嫌がってしまう可能性があるので、絶対にやめましょう。ベビーシューズを嫌がる赤ちゃんには、まず初めに靴自体に興味を持ってもらうことが大事です。

遊びの要素を加える

履くのを嫌がる場合、ベビーシューズを遊びの一環として赤ちゃんに触れさせてみるという方法もあります。遊ぶように履かせることで赤ちゃんが楽しいと感じる場合があります。そのため、赤ちゃんの様子を確認しながら遊びの要素も取り入れてみると良いですよ。

実際に履いた姿を見せてみる

実際にママやパパが赤ちゃんのベビーシューズを履いた姿を赤ちゃんに見せてみることも良いですよ。足の親指などにベビーシューズを履いてみて、赤ちゃんに履くものということを教えていくのがポイントです。そうすることで、徐々に理解していきベビーシューズを履いてくれる場合もあります。

サイズなどを見直してみる

ベビーシューズの素材やサイズなどが合わなくて嫌がる場合もあります。上記に記載されている内容を全て試してみてもベビーシューズを嫌がる場合は、靴自体を見直してみましょう。靴の構造やデザイン、素材、サイズなどを見直してみて、何か問題点があれば直ぐに買い直すと良いでしょう。

広告募集中