抱っこ紐を使用する魅力|これで育児もバッチリ!ベビーシューズと抱っこ紐を上手に活用する

抱っこ紐を使用する魅力

女性とベビー

両手が空くので便利

赤ちゃんを抱っこやおんぶをしているとどうしても両手が塞がれてしまいます。外出時などに両手が塞がっていると非常に大変ですよね。そんなときに抱っこ紐があると、両手も問題なく使用することが出来るので魅力的です。

機能性に優れている

最近は抱っこ紐の需要が高まっていることから、より機能性抜群な商品が登場しています。ヨコ抱きタテ抱き、おんぶなど色々な抱っこに対応可能で、赤ちゃんの成長によっても快適に使用出来るように工夫されているのが特徴ですよ。重さのことも考えている抱っこ紐もあり、ママの身体にも配慮しているでしょう。

抱っこ紐の使用でよくある質問

抱っこ紐をしたまま自転車に乗っていいの?

抱っこ紐を着用したまま、自転車に乗る行為は危険なので絶対にやめてください。自転車に乗っている際に赤ちゃんが暴れたり、横転したりする可能性があります。予期せぬトラブルを避けるためにも、抱っこ紐を着用した状態で自転車には乗らないことです。

おすすめの素材はありますか?

赤ちゃんは新陳代謝が良くて夏はもちろんのことですが、冬でも汗をかいてしまいます。そのため、汗をたくさんかくことを考慮して抱っこ紐は通気性が良いメッシュ素材がおすすめとなっています。

抱っこ紐では赤ちゃんは転落しませんか?

安全に使用することで赤ちゃんが抱っこ紐から転落することはないと言えるでしょう。また、抱っこ紐をしているから安全というわけではなくて、しっかりと赤ちゃんが転落しないように注意する姿勢が大事になります。

使用時の注意点を教えてください!

抱っこ紐を使用する場合は、赤ちゃんから手を離して前かがみになってしまうことは大変危険なので気を付けていきましょう。前かがみになった際に赤ちゃんが転落してしまうケースがあるので注意が必要です。必ず「片手は赤ちゃんに添えている状態」を意識することです。

キャリーとスリングの違いって何ですか?

抱っこ紐にはキャリータイプとスリングタイプがあります。キャリータイプは赤ちゃんを前から抱っこする感じで包み込みます。一方でスリングタイプは布を使用して、自分の肩から吊るす感じで赤ちゃんを抱っこしていくのが特徴です。実物を確認してみると良いですよ。

広告募集中